建設資材のあらゆるニーズにお応えします。

Nセパシリーズ(ジョイントセパ)

HOME > 製品紹介 > 型枠工事関連 > Nセパシリーズ(ジョイントセパ)

ジョイントセパ
Nセパシリーズ

  • 販売

簡単施工 メタルの友だち!

ジョイントセパ施工例

用途

砂防ダム、堰堤、擁壁などの工事にジョイントセパ(Nセパシリーズ)は最適です。

製品の特長

鋼製型枠、面板に穴あけ不要。
寸法調整が自由自在。
型枠の組立が容易に行え、大幅な工期短縮が可能。
仕上がり精度が良い。

製品仕様

Nセパ(耳部)

鋼製型枠にUクリップで挟み込んで使用します。(アンカー取りの場合や耳部を20°以上曲げる必要がある場合は「角度付」を使用)アールバーとスライドすることにより3mm単位の寸法調整可能。(MLコーン使用によりコンクリート表面の錆防止が可能です。)

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
NCE-170L NCE-170L 200 2500kgf(24.5kN)
NCE-170L(角度付) NCE-170L(角度付) 150
Nネジジョイント(耳部)

模様型枠・コンパネに使用します。(面板に穴あけ必要)角度が自在になります。

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
N-127P N-127P(2.5分用) 200 2500kgf(24.5kN)
N-127P(3.0分用)
埋込ジョイント(耳部)

模様型枠・コンパネに使用します。(面板に穴あけ必要)角度が自在になります。

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
U-135 U-135(3.0分用) 150 2500kgf(24.5kN)

耳部の注意事項

  • 耳部の曲げ角度は、20°以内でご使用ください。20°以上曲げ角度が必要な場合は角度付セパをご使用ください。
  • 耳部に足を掛けたり、不要な力を加えないでください
  • コンクリートの打ち継ぎの場合には、最下段の鋼製型枠を外すと、型枠がらみの全重量がセパの耳部にかかりコンクリート打設時に耳部にせん断力が働いて、 ミシン目から切れる恐れがありますので、必ず型枠を下からサポートするようにしてください。
  • 耳部に直接溶接しないでください。(焼き戻しになるので強度が低下します)
Nバー、Nバージョイント(中間部)

耳部同士及び耳部とアンカー部の中間バーとして使用します。(所要寸法にカット)

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
Nバー
NCB-3000 NCB-3000 20 2500kgf(24.5kN)
Nバージョイント
NCB-100L NCB-100L 300 2500kgf(24.5kN)
Nバー調整ジョイント

耳部、アンカー部及びNバーと組み合わせて使用します。(微調整用)

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
NCJ-275 NCJ-275 100 2500kgf(24.5kN)
Nアンカー、NFアンカー、NFTアンカー

耳部、アンカー部と組み合わせて使用します。

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
Nアンカー
NCA-365 NCA-365 100 2500kgf(24.5kN)
NFアンカー
NFA-500 NFA-500 200 2500kgf(24.5kN)
NFTアンカー(微調整用)
NFA-500T NFA-500T 100 2500kgf(24.5kN)

注意事項

  • 埋め込みはアンカーとジョイント部のカシメ部まで埋め込んでください。
ジョイントピン

Nセパシリーズのセパに使用します。

横にスクロールしてご覧いただけます。

形状 規格 梱包数 引張破断強度
JCP-45 JCP-45 1500(500個×3) 2500kgf(24.5kN)

注意事項

  • コンクリート釘等で代用はしないでください。又、打ち直し使用は危険です。
  • ジョイントセパ(MLセパシリーズ)のセパには使用できません。

ホーシンセパ基本配置図

ホーシンセパ基本配置図
ホーシンセパ基本配置図

※側圧及びセパレーターの強度により配置間隔が変わります。ご不明な点はお問い合わせください。

商品のお問い合わせは
こちら

資料請求・お問い合せ

製品資料の
ダウンロードはこちら

製品資料はこちら

製品の質問集を
まとめました

よくある質問はこちら

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話によるお問い合わせはこちら平日 : 9:00〜18:00※土日祝除く

Copyright (C) 2012 Hoshin Co.,Lld. All Rights Reseved.