建設資材のあらゆるニーズにお応えします。

HPパーマネントパッチ

HOME > 製品紹介 > 道路工事関連 > HPパーマネントパッチ

全天候型常温合材
HPパーマネントパッチ(開粒型)※標準タイプ

  • 販売

アスファルト舗装に発生するポットホールや、マンホール廻りの補修に!

水たまり・穴ぼこ・マンホール廻りのアスファルト補修に使えます。
20㎏の袋に包装された常温合材です。
特殊な機械を使わずに補修が可能で、水溜りの場所でもそのまま施工できるHPアスファルトバインダーと骨材を混ぜた製品です。

HPパーマネントパッチ(開粒型)

用途

アスファルト舗装に発生するポットホールや、マンホール廻りの補修

製品の特長

施工性

タックコート・プライムコートの必要がありません。

全天候型

降雨、降雪後、水が溜まっていても施工ができます。

接着性

マンホールなどの鉄部にも付着します。

特徴1
特徴2

仕様

製品仕様

横にスクロールしてご覧いただけます。

種類
HPパーマネントパッチ 標準タイプ

横にスクロールしてご覧いただけます。

荷姿
20kg/袋

横にスクロールしてご覧いただけます。

タイプ
春夏用 秋冬用

横にスクロールしてご覧いただけます。

使用量目安
補修範囲 深さ1cm
0.1m2 20kg
0.2m2 40kg
0.5m2 100kg
1m2 200kg
性能表

HPアスファルトバインダー品質規格

横にスクロールしてご覧いただけます。

試験項目 標準仕様
外観 黒褐色で粘性の強い液体であること
粘度(60℃)#21、20RPM 650〜850cps
加熱残分(260℃)3時間 5%以下
比重(25℃) 0.98±0.05

HPパーマネントパッチ品質規格

横にスクロールしてご覧いただけます。

試験項目 標準仕様
比重(20℃) 1.9±0.1
100g突き固めテスト(13℃〜25℃) 8〜30秒
シガーテスト オイルしみがないこと
常温剥離テスト 95%以上
骨材寸法 10mm以下 (細骨材ベース)

HPパーマネントパッチ施工手順

施工について

タックコート・プライムコートの必要がありません。
降雨、降雪後、水が溜まっていても施工ができます。
マンホールなどの鉄部にも付着します。

施工手順
  • 補修箇所の小石やゴミなどを取り除いてください。
  • HPパーマネントパッチを入れる。(余盛してください。深さの約2割程度)
  • 足ふみやスコップ、タンパで少したたくだけで交通開放できます。(コンパクタを使えば、よく締まります。またスコップやタンパなどの付着を防ぐのは、多少の水をかけてください)
  • 交通開放でベタツキが気になる場合は、砂や、石灰を撒いてください。

注意事項

  • 交差点での使用不可です。
  • 海水はNGです。海沿いでの施工は真水で洗浄してからご使用ください。
  • 未開封の場合、約2ヶ月程度保管可能です。開封後はお早めにご使用ください。
  • 施工時の外気温度は0°以下の際はご使用をお控えください。

商品のお問い合わせは
こちら

資料請求・お問い合せ

製品資料の
ダウンロードはこちら

製品資料はこちら

製品の質問集を
まとめました

よくある質問はこちら

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、
以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

お電話によるお問い合わせはこちら平日 : 9:00〜18:00※土日祝除く

Copyright (C) 2012 Hoshin Co.,Lld. All Rights Reseved.